ご本尊

ご本尊

圓勝寺のご本尊は阿弥陀如来(南無阿弥陀仏)です。阿弥陀さまとか、親さま、あみださんといった呼び方をします。

阿弥陀という言葉は、お釈迦様のおられたインドのサンスクリット語では、アミターユスとアミターバーという二つの意味を持っています。それは、無量のいのちと無限の光を併せ持つということを表し、それはいつであってもどこであっても誰であっても、常に私と共にある変わることの無い真実を表しています。

圓勝寺の阿弥陀さまはお木像です。光背には四十八願を表す誓いの光が私に向かって差しており、お身体は前傾姿勢ですが、これは私に向かって「物事の道理や真実に目覚めよ」という願いを込めて呼びかけ、来てくださるお姿なのです。

南無の二字は帰命、これはおまかせすると同時に、まかせなさいという意味です。そして阿弥陀仏は「必ず救う」というおはたらきです。従って南無阿弥陀仏は「安心してください引き受けました」というお呼び掛けと受け取ることができます。私たちはそのお呼び掛けをいただき、ありがとうございます。お陰様ですとうなずくまかりです。

これは私の願いをすべて聞き入れてくださる呪文ということではありませんね。思い通りにならないこともたくさんある私たちのいのち全体を引き受けてくださる壮大なおはたらきであることを感じていただきたいです。


ありがとう、と感謝のおこころで口に南無阿弥陀仏といただくのが、浄土真宗の生き方であります。      
お問い合わせ